Hotels near バッキンガム宮殿、ロンドン - Best deals & budget rates!

バッキンガム宮殿は、現女王の公式な住居であり、ビクトリア女王が王位に着いた1837年以降王室の居住地となっている。宮殿そのものは素晴らしく、敷地内も大変美しい。運がよければ見ごとな衛兵交替式を見ることができる。王旗が立っていれば、女王は「在宅中」である。宮殿はもともとバッキンガム公によって1703年から1705年に建てられた私邸跡に建てられている。ジョージ3世と妻シャーロッテによって買い取られ、クイーンハウスとして知られるようになった。1825年にジョン・ナッシュによって、ジョージ4世のために大規模な改装および拡張工事が行なわれ、それ以降バッキンガム宮殿と呼ばれるようになる。ところがこの工事には莫大な金額がかかり、大きなスキャンダルとなったため、 ジョージ4世もその子孫もここに住むことはなかった。宮殿は40エーカーの庭園内にあり、宮殿の西の壁はナッシュがデザインしたままに残っている。東側は庭園に面し、1847年に増築された部分であり、1913年には完全改装された。 宮殿内には謁見室、音楽室、政府のダイニングルーム、また数多くの美しい寝室があり、絵画や芸術品のギャラリーもある。王家の居住エリアは宮殿の北にある。入場料は大人9ポンド、子ども5ポンド。

1825年にジョンナッシュは、広範な引き伸ばして、家に名前バッキンガム宮殿与えたジョージIVの変更を行った。しかし、プロジェクトがそんなにお金を消費して、それがスキャンダルと宮殿に住んでもジョージIVも彼の後継者となった。ナッシュはそれを設計したとして宮殿は庭園としながら宮殿建築の西正面の約40エーカーの略で、1847年に追加されていた庭に面した東側は、1913年に完全に置き換えられ、事実上のままです。インテリア住宅玉座の間、音楽室、ステートダイニングルームは、多くの美しく装飾されたアパート、絵画や芸術の他の作品のギャラリー。王家のアパートメントには、宮殿の北翼で発見される。入場料£ 9.00、子供たちは5.00ポンド

バッキンガム宮殿、ロンドン付近で人気のあるホテル

バッキンガム宮殿、ロンドン付近のホテル1325件を全て表示
Easytobook.com has an average review score of 4.7 out of 5 based on 4.518 reviews.
Subscribe for Best Deals

Please provide this reference number to our customer service center representative on request, so we can help you better